2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.03.25 (Sun)

its time for buster!!!

ごきげんようです。sgutsです。

特撮モノのお話。
海賊戦隊ゴーカイジャーの後に始まった「特命戦隊ゴーバスターズ」。
http://www.tv-asahi.co.jp/go-bus/
ゴーカイが本当に、本当に傑作だったので大丈夫かなぁ、などと思いつつしっかりハマってますw。
今回は3人組。たぶん途中で増えるんだろうけど。
メカ描写やストーリー展開が少し大人向けなのかな。
脚本は僕の大好きなシンケンジャーの小林靖子さんということもあり、今後に期待です!

この春は特撮モノの映画もたくさん。
公開中のウルトラマンサーガも観たいし、4月公開のスーパーヒーロー大戦も観たい!!
いつ行こうかなー!
スポンサーサイト
EDIT  |  13:25  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.02.06 (Mon)

振り向かない事さ

ごきげんようです。sgutsです。

ここ最近見逃していたゴーカイジャーをちゃんと早起きして鑑賞。
もうあと2回で最終回か。
土曜日は公開中の「海賊戦隊ゴーカイジャーvs宇宙刑事ギャバン」を観に行ってきた。
ギャバンをまさかこの21世紀に再び観ることができるとは思わなんだ。
彼の活躍を熱狂して観ていたかって子供だった自分は今、こんな大人になっているんだな、そう思いながら観るとかーなーり感慨深いものがありますな。
例によって盛り上がる場面で当時の主題歌が流れるのだけど、これも大人になった今、歌詞を見るとなんとなく深い。
「若さってなんだ?振り向かないことさ」
そか。あ、でも振り向かない、ってちょっと意味わからないw。振り返らない、ということか?
まいいや。あばよ涙。よろしく勇気!

ていうか今日は夕方に帰ってきてからこの時間までスターウォーズをぶっ続けで観ていたせいか、目が真っ赤。
3日前からモノモライ気味だった左目に加え、右目まで。
いや、だってね、アナキンがダースベーダー化するのは分かっていても、やっぱり一本のドラマとして続けて観たいじゃないですか!
自分の力が周りに認められず、かつ自分の慢心もあり、シスの暗黒卿の甘事に乗り暗黒面に堕ちてゆくアナキン。
うん、切ない。ジャージャーは相変わらずウザい。そして時系列的にはその先にあるエピソード4がとたんにしょぼくなる感じも好きw。

で、結果、目が大充血。ちょっと自分の顔、怖いわ。明日目薬買いにいきます◎
EDIT  |  01:55  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.21 (Sun)

シュシュッとTHE SPECIAL

相変わらずのゴーカイジャーネタ。
先週と今週は2週連続で忍風戦隊ハリケンジャー回。
先週の回は個人的に忘れられない回となった訳ですが、それはさておき。

まずはハリケンジャーの3人が当時の衣装のまま登場してくれた事に本当に感動。
今までの過去戦隊の客演回はだいたい一人か二人のオリジナルキャストが出演。
それが今回は3人揃っての出演ですよ、奥様。当時、観ていた人としたら感動必至。

ゴーカイジャーもそろそろ半分が終わろうとしている。
今の所、外した回はないので、あと半年この調子で続けば本当に凄い作品になると思う。
楽しみーー!

個人的にとても楽しみなのが9月のジェットマン回。
放映当時「戦うトレンディドラマ」と言われ、メンバー間での三角関係や最終回での衝撃的結末で物議を醸した異色作。これをゴーカイでどう料理するか?興味は尽きません。
EDIT  |  23:43  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2011.05.27 (Fri)

ゴーカイに行くぜ!

今週末は息子クンたちと後楽園でやってる海賊戦隊ゴーカイジャーショーに行くことになった。
今年で35年目を迎える東映戦隊モノ。
その記念作品でもあり、放送中の最新作「海賊戦隊ゴーカイジャー」は今、もっとも楽しみな番組だったりする。

強大な悪を前に過去の34戦隊全てが力を集結。
その変身能力を失うことを引換えにこれを一旦退ける。
過去戦隊の変身能力はレンジャーキーというアイテムとなり、最新戦隊であるゴーカイジャーの手に。
そして再び攻めてきた悪を前にゴーカイジャーは様々な過去戦隊の能力を駆使し、戦う!

ってもう書いてる時点でアツくなってくるじゃあないですかっ!
この21世紀にまさか自分が子供のころに熱狂していたダイナマンやらゴーグルファイブに再び会えるとは!

・・・最近多い過去作が一堂に会す展開、ウルトラマンメビウスが最初かな?(プロトタイプ的にマックスでもやってたけど)
仮面ライダーディケイドなんかは「リ・イマジネーション」という誤魔化し(笑)で一部を除いてオリジナルの役者さんが出なかったんだけど、ゴーカイジャーはバンバン出てきているし、効果音やBGM、特撮や光学処理非常にまで過去作への愛情とリスペクトが感じられて大好きです。

個人的な嗜好ですが、僕はこの手の「過去の主人公が大人になって成長し、別の番組で登場。新しい主人公の手助けをする」的な展開に非常に弱いです。
特撮モノは主人公たちの成長物語という側面もあるわけで、視聴者である僕は当然その旧主人公の幼く未熟な面も知っているわけです。そんな旧主人公が新しい主人公に向かって酸いも甘いもかみ分けたような表情で・・

「僕も昔は今の君のように悩んだものさ。いつかその悩みは解決するよ」←少し上から目線で。

みたいなセリフを言う!
もうね、こんな展開だけで涙腺緩みまくりですw。

実は近作の早苗さんと椿さんの撮影、ちょっとそれに似たものを感じたりもして、椿さんの成長ぶりに涙をそっと拭ったものです(大げさ)。

「ボクも昔はsgutsに眼鏡を隠されたわ!早苗ちゃんも気をつけてっ!」←同じく少し上から目線。

みたいなね。

おそらくこのサイトをご覧の男性なら一度は観たことがあるであろう戦隊モノ。
ぜひぜひゴーカイジャーも観てみてください。
最近は正義と悪があいまいで主人公が悩むような展開の特撮モノが多い(そういうのも好きだけど)ですが、ゴーカイジャーは勧善懲悪路線みたいです。
熱いセリフやベタな展開にも、だからこそ案外ものごとの真理があるなぁ、と思います。
おすすめですー!

EDIT  |  12:09  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

2011.02.22 (Tue)

古代少女隊ドグーンV

明日更新の新作、只今編集中です。
お楽しみに☆
ぶっ続けで作業しているので、ちょっと息抜きで完全趣味の話(笑)。

明日、更新が完了したら堪能しようと思い、「古代少女隊ドグーンV」のDVD-BOXを購入しました。
去年まで深夜に関東地区で放映していた特撮ドラマ。
実は前作「古代少女ドグちゃん」からのファンなんですww
監督はメインが「電人ザボーガー」(傑作です!)の公開も近い井口昇さん。
そのほか7人のクリエイターの方たちが毎回違ったテイストで監督しています。
特殊造形で前作から参加され、ヘルドライバーでsgutsもエキストラ参加させていただいた、西村喜廣さんも今回は監督しています。

土偶型の鎧を纏った妖怪ハンター見習いの5人の女の子たちがドグちゃん指導のもと、毎回様々な妖怪と対決、成長していく、という王道パターンながら毎回面白いです。
また、過去の作品にオマージュを捧げている部分も多く、映画や特撮好きならより楽しめるかと。

メイン監督の井口さんは女の子の撮り方がめちゃくちゃ上手なので、実は瓶底でもちょっと真似させてもらっている所もあったりします。あんな風に出来たらいいな、と憧れる部分のほうが多いんですけどね。
僕は個人的にはアイドルや芸能人にあまり興味がないのですが、監督の作品に出演された女の子はとても魅力的だと思います。
ドグーンだとドグちゃん役の谷澤恵理香さんは別格として、ドロちゃん役の武田梨奈さんがお気に入りです(笑)。
話は3話の「妖怪スキンシップ」、6話「妖怪未来の想い出」、10話「妖怪巨大団地妻」が最高。
レンタルもあるかと思いますので、お暇な方は是非ご覧になってみてくださいね。

さてさて、明日の更新に向けて作業に戻りますー!





EDIT  |  02:03  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。