2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.02.27 (Sun)

徹夜でオフ参加

やっちゃいましたww
25日23時から新宿のヤマダ電気にて翌日発売のニンテンドー3DSの発売行列参加w
一回、発売日の行列、参加してみたかったんだよね。

「入荷が極端に少ないので行列参加しないと購入は困難」
そんなネットの情報を鵜呑みにした自分、見事に釣られました。
行列は29番目。
しかも入荷は400台。
えー?これは始発で行っても、もしかしたら開店直前でも買えたのでは??
ま、でもなんとなくお祭り気分で楽しかったのでいいかー。
ちなみに行列の僕の前は中国人の学生さん。はっきりと「転売するため」とおっしゃっていました(笑)。
で、うしろは誰かに行列を依頼されたと思われるホームレス風の人、数人。
さすがに野宿のプロ。極寒の新宿の強風をダンボールで上手く防御されていました・・・。

でそのまま用事をすませ、オフ会へ。
今回はカラオケで瓶底の上映会。
SOD版は僕自身、製品版をきちんと観ていなかったので、新鮮でした。
椿ちゃんと加奈ちゃんのシーンは我ながらいいなー、かわいいなー、と思いました。
まー、たまに飲み物を運んでくる店員さんの目がものすごーーく気になっていましたがwww

参加された方、企画していただいた凶太郎さん、みなさんありがとうございました。
家についたとたん、記憶がないくらいに爆睡して復活しましたよ!
スポンサーサイト
EDIT  |  22:56  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.02.25 (Fri)

明日オフ会!

明日はお茶の水でオフ会。その前にも用事があるし、忙しい。でも楽しみ。
ていうかニンテンドー3DSが明日発売なんだけど、欲しいなぁ。
予約はしていないので並ぶか考え中(笑)
EDIT  |  20:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.02.22 (Tue)

更新完了ー!
今日は猫の日らしく、そういうば美弥ちゃんもなんとなく猫っぽいなぁ、と思いました。
ドグーン観るかー!

とその前に・・
結構長い間、フェチに関わってきてちょっと思うこと。
これは造り手全部に言えることだと思うのだけれど、最近自分の腕がなくて未完成な作品を「アート」という言い方で誤魔化してる人が多すぎやしませんか??
観たことないですか?ブレブレにピンぼけした自称芸術作品とか。
そういう輩に限って「フェティッシュアーティスト」だとかなんとか一見カッコよさげに聞こえるカタガキをちらつかせてモデルさんに悪いことしたりしてるんだよな。
で、そういうことをしておきながら一方では「フェティッシュにも市民権を!」みたいなことを言っちゃったり。

もうね、ちゃんちゃら可笑しいっす。僕にはおこがましくてソコまで言えないわーww

僕個人はアートとフェチは別に考えるべきだと思うし、第一、自分がやっていることを心の何処かで疾しいことだと思っていて、それをアートだと言い張ることで正当化させているとしたらアートにも失礼ってもんです。
瓶底や矯正、その他フェチは今のままくらいのファンの方がいてくれればいいと思っています。
実際、たまに僕なんかは読まないようなオサレな雑誌や週刊誌からインタビューを依頼されることもあるのですが、断っています。
だって嫌でしょ?おもしろおかしく取り上げられて「今年は瓶底がおしゃれ」みたいな消費されるだけの対象になってしまうのは。
第一、やりづらくなるしな(笑)。

なにが言いたいのかと言うと「自分のやってることに責任を持て!かっこつけるな!ぼやくな!ソレは全て自分の過去の行動の結果だ!」ということ。
ああいう風にはなりたくないな、という自戒を込めて。
たまーには熱い事も書きたくなってしまうのよ!ということでお許しください(笑)。
EDIT  |  23:02  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2011.02.22 (Tue)

作業中

ここの所、作業、とりわけ予告編の編集が楽しすぎる。
まだまだ未熟ですがいい絵造りをしていきたいものです。
EDIT  |  18:09  |  瓶底  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2011.02.22 (Tue)

古代少女隊ドグーンV

明日更新の新作、只今編集中です。
お楽しみに☆
ぶっ続けで作業しているので、ちょっと息抜きで完全趣味の話(笑)。

明日、更新が完了したら堪能しようと思い、「古代少女隊ドグーンV」のDVD-BOXを購入しました。
去年まで深夜に関東地区で放映していた特撮ドラマ。
実は前作「古代少女ドグちゃん」からのファンなんですww
監督はメインが「電人ザボーガー」(傑作です!)の公開も近い井口昇さん。
そのほか7人のクリエイターの方たちが毎回違ったテイストで監督しています。
特殊造形で前作から参加され、ヘルドライバーでsgutsもエキストラ参加させていただいた、西村喜廣さんも今回は監督しています。

土偶型の鎧を纏った妖怪ハンター見習いの5人の女の子たちがドグちゃん指導のもと、毎回様々な妖怪と対決、成長していく、という王道パターンながら毎回面白いです。
また、過去の作品にオマージュを捧げている部分も多く、映画や特撮好きならより楽しめるかと。

メイン監督の井口さんは女の子の撮り方がめちゃくちゃ上手なので、実は瓶底でもちょっと真似させてもらっている所もあったりします。あんな風に出来たらいいな、と憧れる部分のほうが多いんですけどね。
僕は個人的にはアイドルや芸能人にあまり興味がないのですが、監督の作品に出演された女の子はとても魅力的だと思います。
ドグーンだとドグちゃん役の谷澤恵理香さんは別格として、ドロちゃん役の武田梨奈さんがお気に入りです(笑)。
話は3話の「妖怪スキンシップ」、6話「妖怪未来の想い出」、10話「妖怪巨大団地妻」が最高。
レンタルもあるかと思いますので、お暇な方は是非ご覧になってみてくださいね。

さてさて、明日の更新に向けて作業に戻りますー!





EDIT  |  02:03  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2011.02.20 (Sun)

次回予告!

次回は火曜日に更新の予定です。
2月、いっぱい撮影してる気が(笑)。

今回は-20の20歳。
あどけない表情と色っぽさが入り混じる不思議な魅力の女の子です。
今回は従来にくらべ、ちょっといぢわる成分が強めかな。

それと、キャンペーン、2月いっぱいでいったん終了しようと思っています。
こちらも併せてよろしくお願いします。

26日は定期的にやっている東京のオフ会に参加します。
今回は趣向を変えて、瓶底眼鏡っ娘上映会のような形になるみたい。
この日、ニンテンドー3dsの発売日でもあるので、行列しようか迷い中(笑)。
もしお時間のある方がいらっしゃいましたら、こちらも参加してみてくださいね。
EDIT  |  23:02  |  次回撮影予告  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2011.02.18 (Fri)

地方撮影

今回の大阪での撮影は雰囲気も通常と差別化できたこともあり、ご覧いただいた方からの評判も上々のようです。
ありがとうございます。

自分が普段行かない場所での撮影というのは緊張もするのですが、それ以上に楽しいです。
コメント欄で書いていただいた方もいらっしゃいますが、東北なんかも行ってみたいな。

僕は父が転勤族でしたので、高校までは大阪、京都、兵庫、宮城、福島、北海道といろいろな所を転々としました。
主に2年周期だったのですが、それだけ住んでいると、明らかにその土地土地の人間性のカラーってあるんですよね。全くの私見ですが、宮城・仙台はかわいい眼鏡っ娘が多かったです(笑)。

地方の撮影は当然、通常よりも経費がかかるので、頻繁には無理だと思いますが、これからも行っていきたいです。

EDIT  |  23:23  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.02.11 (Fri)

積雪

朝起きたら吃驚するくらい雪がふってる!!
雪景色で撮影とかもいいかもな、と思いつつもう一回寝る!
EDIT  |  10:30  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.02.08 (Tue)

そして次回予告

実はこの土日、京都と大阪に行っていました。
年末から交渉をしていた京都のモデルさんと、大阪のモデルさん両名を撮影しに行ってきたのです。

例によって夜行バスで往復、宿泊は満喫、という貧乏撮影旅行ではありましたが、本当に楽しかったー!
男35歳。まだまだ元気であります(笑)。
大阪はほぼ一日フリーだったのですが、東京よりも瓶底率が高いような気がしました。
今後に繋がるよう、布石もうっておきましたので、また近いうちに行くかもしれません。

さて、今回は関西の音大生、22歳の瓶底眼鏡っ娘(-22D!)ともう一人、なんと義眼の27歳女性を撮影しています。ロケーションもスタジオ、野外、ご自宅、といろいろです。
自ら当サイトにご応募いただき、出演を了承いただき、両名には感謝の言葉もありません。
瓶底では初となる二人同時更新を考えていますので、水曜日あたりまでお待ちいただければうれしいです。
お楽しみに!!
EDIT  |  01:04  |  次回撮影予告  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2011.02.08 (Tue)

映画「冷たい熱帯魚」

公開中の映画「冷たい熱帯魚」を観てきました。
これ、すごい映画です。

監督の園子温は「自殺サークル」や「紀子の食卓」から好きだったのですが、去年の「愛のむきだし」で一層ファンになった人であります。
「愛のむきだし」は4時間半に渡る大作で、さまざまな奇妙な生き方の人々が奇妙な関係、奇妙な団体らと交錯しあい、「純愛」というラストに向けて収斂していく様が本当に圧巻。非常にテンポが良く、観やすいながら、ここぞというシーンでは吃驚するくらいの長回し。
挿入歌とそれに被さるモノローグもとても素晴らしいと思います。

で、そんな映画を作ってしまったら、次どーなるのよ?と期待半分で今回の「冷たい熱帯魚」を鑑賞したのですが、これもとてもすごい映画でした(正確には愛むきのあとに「ちゃんと伝える」という映画があるんですがsgutsは未見です)。

舞台は静岡県。
小さな熱帯魚屋を経営する主人公・社本がとあるきっかけで地元で大きい熱帯魚屋を経営する村田という男と知り合う。
中ば強引に家族ぐるみで彼と付き合いを深めていくうち、主人公は彼の裏の顔を知り、凄惨な暴力の世界に足を踏み入れていく・・。

実際にあった愛犬家殺人事件からインスパイアされた物語。
主人公の状況から抜け出せなくなっていく様子や死体の処理シーン、そしてなにより村田のキャラクターがとても克明に描かれていて恐ろしかったです。
実際、地方に住んでると、えげつなくて見栄っ張り、どんな仕事をしているか不明、でもお金持ち、みたいなおっさんがいるモンです。それに群がるハイエナのような人もね。
そこらへんの描写がとても上手いんだよなぁ、この映画。
中小企業向けの営業をしていた時に似たような人はいっぱい見ました(笑)。

エグいシーンは多いし、R18指定なので観る人は相当選ぶ作品だとは思いますが、そういうのが平気な人は是非ご覧になってみてください。

ちなみにコレ↓、劇中で村田が経営する熱帯魚屋「アマゾンゴールド」のHP。
動画が笑えます。
http://movie.nifty.com/sp/amazongold/


EDIT  |  00:29  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。