2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.08.30 (Tue)

ヘルドラDVD発売日決定◎

なにげなくアマゾン見てたらヘルドライバーのDVDが12月2日に発売とのこと。
やっぱりブルーレイは海外版のみなのね・・。
西村映造さんの作品はスピンオフ的なショートムービーが特典で付くことが多いんだけど、今回はどうなのか。
呑みの席で高橋ヨシキさんが言っていたショートムービーだといいな。。


そうそう、秋ごろネット配信予定の「ハラペコ・ヤマガミくん」という作品にもちらっと出させていただいてます。こっちも楽しみだ!
スポンサーサイト
EDIT  |  22:40  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.08.29 (Mon)

空洞です

なんだかんだで忙しい毎日を送っています。
お仕事に直結する打ち合わせや、そうでない個人的なおつきあいなどなど。
いずれにしても他の誰かに必要とされる、っていうのは嬉しいものだ。
本来の自分を隠し、装い、他人に好かれるであろう人物になり済ますことは僕の場合、比較的容易い。
そうすることでむしろ上手くいく仕事も多い。
でも、本来の自分をさらけ出せる相手というのは本当に本当に本当に少ないんだ。
だからこそ、そういう人と知り合えることがあればその縁やお付き合いは何よりも大事にしなきゃいけない。
そんなことを最近は思うのでありますよ。

はい、というわけで(口癖)次回です。
予定していた過去登場のモデルさんの第二弾が伸びてしまったので、近日中に新しいモデルさんで撮影を予定しています。
遅くとも9月初旬にはなんとか形にしたいな、と。お楽しみに、です。

EDIT  |  23:04  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.21 (Sun)

シュシュッとTHE SPECIAL

相変わらずのゴーカイジャーネタ。
先週と今週は2週連続で忍風戦隊ハリケンジャー回。
先週の回は個人的に忘れられない回となった訳ですが、それはさておき。

まずはハリケンジャーの3人が当時の衣装のまま登場してくれた事に本当に感動。
今までの過去戦隊の客演回はだいたい一人か二人のオリジナルキャストが出演。
それが今回は3人揃っての出演ですよ、奥様。当時、観ていた人としたら感動必至。

ゴーカイジャーもそろそろ半分が終わろうとしている。
今の所、外した回はないので、あと半年この調子で続けば本当に凄い作品になると思う。
楽しみーー!

個人的にとても楽しみなのが9月のジェットマン回。
放映当時「戦うトレンディドラマ」と言われ、メンバー間での三角関係や最終回での衝撃的結末で物議を醸した異色作。これをゴーカイでどう料理するか?興味は尽きません。
EDIT  |  23:43  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2011.08.19 (Fri)

次回予告!

来週に更新しようかなー、と考えていた次作ですが、思いのほか仮編集が良いできで、スムーズに作業が進んでいるため、明日の夕方~夜をメドに更新したいと考えています。

今回はやや特別編。
ここ最近の作品をご覧の方には周知かもしれませんが、ナビゲーター的な役割をしていただいている椿さんの第二弾です。
サイト最多登場で夏のオフ会にも参加いただいた彼女ですが、単体の第二弾は初めて。
「日本の夏」を感じさせる浴衣での野外撮影や緑の高原での撮影。そして椿さんのご自宅訪問(メインです)、新規イメージと見どころ多数だと思います。
ナビ的なシーンを撮影させていただく際に撮りだめしていたシーンをまとめ、結果的に現時点での椿さん集大成となりました。
どうかお楽しみに!です。
EDIT  |  11:28  |  次回撮影予告  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2011.08.16 (Tue)

はっきりもっと勇敢になって

お盆休みはみなさんいかがお過ごしでしたでしょうか?
八月も中盤。暑すぎですが体調を崩されませんよう。

次回は来週以降で考えています。通常通りの作品か、ちょっと違ったタイプの作品かどちらにするか検討中。
どちらにしてもいい作品にすべく企画しますのでお楽しみに。

お盆中にドラマ「モテキ」を全部観ました。
TBSラジオで毎日聴いてるのがあるんだけど、その番組の日替わりコメンテーターの人が脚本・監督をされていると知り、早速視聴。
僕は映画の他にドラマも結構観るんですが、これはかなり面白かったー。

30歳、派遣社員のさえない主人公(しかも童貞・・なのか)にある日突然訪れた「モテキ」。
4人のタイプの異なる女性とのさまざまな出来事。
言ってしまえばこれだけの話なんだけど、主人公の心理描写や流れる音楽、女の子の描き方など、とても素晴らしく、今30代以上で若い時にサブカルに浸った人なら必ず何らかのシンパシーを得られるハズ。

モンモンとした青春時代。周りのカップルを横目に見つつ、江戸川乱歩だの夢野久作だのを耽読し、筋肉少女帯や岡村靖幸ばかり聴いていた自分は主人公の心の動きがまるで自分の事のように感じられ、途中で観ていられなくなったほどw

ちなみに4人の女の子のうち、個人的に好みなのは満島ひかり演じるいつかちゃん。
サブカル好きでよく話し、純粋でちょっとエキセントリック。それでいて世間擦れしていなく守ってあげたくなるタイプの女の子。ああいう子、弱いんだよなー・・。
って、この文章、まんま瓶底のモデル解説みたいじゃないか(笑)。

もし機会があればご覧になってみてくださいねー。

EDIT  |  23:24  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.09 (Tue)

生体工学の神

あんまりにもベタすぎてあらためて書くのも恥ずかしいんだけど映画「ブレードランナー」が大好き。
ここのところDVDからBLU-RAYにソフトを買い替えしているんだけれど、久しぶりに鑑賞してみてやっぱりいいなー、と。
中国語や日本語が入り混じる独特の退廃的な近未来感は、その後の映画だけじゃなく、ゲームやアニメにも多大な影響を与えた、というのは僕くらいの年代の人なら周知なんだろうけど、今じゃ元ネタがこの映画だということを知らない人も多いんだろうな・・。

僕個人はタイレル社のオレンジがかった照明の感じとレイチェルがデッカードの部屋で髪を下ろすシーンが本当に好き。あとタイレル社社長の眼鏡がすげーかっこいいww



さてさて八月も前半が終わろうとしていますね。
次回は中旬から下旬に撮影&更新の予定です。お楽しみに。
EDIT  |  22:50  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.02 (Tue)

冷たい熱帯魚

2月に観た映画「冷たい熱帯魚」が本日DVDとブルーレイで発売。
今年観た60本ほどの映画の中でも三本の指に入る傑作なので、当然購入します。
映画を観たあと機会に恵まれ、脚本家の一人、高橋ヨシキさんとお酒を呑んだんだけど、一層この映画が好きになりました。
関東~中部の特徴の無い郊外の寒々しい描写がすごく好き。
機会があればご覧になってください。
エグくて、救いがなくて、善悪の価値基準が曖昧になる映画です(笑)。

この記事を書くにあたり、アマゾンのリンクを貼ったんだけど、
あそこのレビューはいつ見てもレベルが低いと言わざるをえないww。itunesのレビューと双璧をなすひどさ。

ネットの功罪は誰にでも等しく発言の場が与えられたことだ、と思う。
もちろん真面目に作品について評価してる人はいるのだろうけど、それ以上に作品をダシに自らの満たされない情念のようなものを発散している人が多いんだよな。
既存の物を貶すことで「他人と違う物の観方してるボク、かっこいいでしょ?」って言いたいだけちゃうんか!みたいな歪んだ自己顕示欲が透けて見えて辟易する。そりゃ匿名で好き放題書ければラクだよな。
僕はたとえそれが悪い感想だとしても立場をはっきりさせて批判したいな。
だから!今、言ってみようか。以下瓶底眼鏡っ娘管理人が書きます。

「スペースバトルシップ・ヤマト」は面白くなかった!あんだけCG使ってお金かけても一切燃えないよ!」






EDIT  |  05:52  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.08.01 (Mon)

いつかみた優しさをわすれない強さだけ

土曜は秋葉でお客さんにお会いした。
何度か電話で話したことはあるけど、お会いするのは初めて。
メールや言葉だけでは伝わらない微妙なニュアンスもお会いすることで伝わり、とてもありがたかった。

僕は今、携帯を二台持っていて、サイト関係のメールは全てiphoneのほうに来るようになっているんだけど、最近は注文以外のメール、ご意見や時には直接お電話をくれる人もいたりして、嬉しかったり。

で、その人と別れたあとは恒例の秋葉探索ののち、打ち合わせ。
いろんな刺激を受け、同時にいろいろ考えた。
夜。雑踏、節電仕様のネオン、そこに息づく人々。
初めての土地、初めてのお店。ついつい吸いすぎてしまう煙草。
そのどれもが普段僕が住んでいる土地では縁遠いもので、だからこそ印象に残る。
長く東京に住んでいたけれど、そのままだったら感じることすらなかったであろう感覚。
そんな感覚の中の非日常の時間。会話。
端的に云うととても愉しい。

そして思う。こういう経験がまた原動力になり、僕は頑張れる、と。
日常に還った時の味気なさはとりあえず考えず、この時間が続けばいいな、と強く思った。

さて次回、どうしましょうか?



EDIT  |  11:15  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。