2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.03.25 (Sun)

its time for buster!!!

ごきげんようです。sgutsです。

特撮モノのお話。
海賊戦隊ゴーカイジャーの後に始まった「特命戦隊ゴーバスターズ」。
http://www.tv-asahi.co.jp/go-bus/
ゴーカイが本当に、本当に傑作だったので大丈夫かなぁ、などと思いつつしっかりハマってますw。
今回は3人組。たぶん途中で増えるんだろうけど。
メカ描写やストーリー展開が少し大人向けなのかな。
脚本は僕の大好きなシンケンジャーの小林靖子さんということもあり、今後に期待です!

この春は特撮モノの映画もたくさん。
公開中のウルトラマンサーガも観たいし、4月公開のスーパーヒーロー大戦も観たい!!
いつ行こうかなー!
スポンサーサイト
EDIT  |  13:25  |  特撮モノ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.03.21 (Wed)

次回予告!とオフ会補足

ごきげんようです。sgutsです。

だんだんと暖かくなってきましたねー。
例年だとこの季節はわくわくと理由もなく外に出たくなるのですが、どうやら今年から花粉症デビューを果たしたsgutsはなかなか厳しかったり。多分僕なんてまだ初期の初期。重度の方はどれだけ辛いのか。
人間、その人の置かれた状況に近い位置に立たされないと本当の苦しみはわからないもんです。

さてさて次回予告。
今回は千葉県からお越しのちせさん、22歳を撮影させていただきました。
久々の-20越え。しかも正真正銘の箱入り娘。撮影の待ち合わせ場所にまでお父様が同行されていらした時はとても吃驚しましたw
幼い頃は体も弱かったという彼女。父一人子一人の暮らしの中でお父様の愛情を精一杯に受けて純粋に育ったんだなぁ、と感じました。
どこか春の気候を感じさせる色白でかつ桜色の肌。元来大きいはずの瞳はレンズ越しに縮小されてもなお美しい光を讃えているのでありました(谷崎的表現w)。
更新は本日~明日の深夜を予定しています。お楽しみに◎

それと31日のオフ会の件。
その日、sgutsは別件の外せない撮影が入ってしまったため、少し遅れての参加となるかと思います。
また、スタート時間も19時からに変更していただきました。
ご参加の方は大変お手数ですが御理解いただけると幸いです。

EDIT  |  12:23  |  次回撮影予告  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2012.03.16 (Fri)

オフ会のお知らせです

ごきげんようです。sgutsです。

今回は定期的に行っている凶太郎氏主催の瓶底オフ会についてのお知らせです。

日時は3月31日。
東京・神田にて19時より開催の予定です。
同じ瓶底好きの方にお集まりいただき、濃いお話が期待できるかとw

参加希望の方は
sguts@yahoo.co.jp
までメールください。
詳しい開催場所をお知らせします。

よろしくお願いします◎



EDIT  |  20:57  |  瓶底  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.03.15 (Thu)

大学は出たけれど

ごきげんようです。sgutsです。

昨日・今日とほぼフリーだったので買い物や部屋の掃除などを。
御徒町、秋葉原、神保町という学生時代に良く通ったルート。

上野駅前の喫茶店は当時とほぼ変わらぬ内装で、それが今となっては昭和感を漂わせていていい感じ。
不思議とお客さんまでもが昔っぽく見えるから不思議。映像でいったらフィルム撮りな感じ。

ひたすら懐かしい。
それでも学生時分の僕と今の僕、何処が変わったかと言われれば呆れるほどに変わっていないのであった。
そりゃそれで問題あるような気がするが、ま、今は考えないでおこう。

秋葉で映画のDVDを購入。今度は手放さないからな!と固く心に誓う。
ドンキを覗いたら小さい瓶に入ったクラゲを発見。
ちょっと欲しい。
でも陽の当たらない僕の部屋じゃ飼育は困難と考え、あきらめる。

神保町では捜していた本が見つからず、そのまま帰ってきた。
乱歩はいろんな出版社から文庫が出てるけど、僕は春陽文庫版が一番好き。
表紙の画集、そういえば人に貸したら帰ってきていないことに気付いたw

夜は前の職場の人とちょびっとお酒。
なんとなく懐かしくて会ってみたけど、共通点が皆無なのであったw。
そういえば彼、事務所を作るという話はどうなったのか。
それにしても某居酒屋チェーンのメニュー表と実物との違いはどーよ!ちょっとがっかりした。

と!ここまで書いて気付く。
これ、個人的につけてる日記に書く内容じゃん!
でもまぁ、もったいないのでそのまま載せる。
オチなしです。スミマセン。
EDIT  |  18:45  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.03.13 (Tue)

今日のところは寝るしかないね

ごきげんようです。sgutsです。

きっかけがあってそれを達成する為にいまできることをやる。
でもそのきっかけが無い時、僕はなにをすればいいのかな。

今日はまさにそんな一日。
とりたてて何か嫌なことがあったわけじゃない。
天気はいいし、気分転換に行く駅前のタリーズもいつもどおりおいしい。
帰りには箱根そばだって食べちゃうぜ。

でもなんだか気分が晴れない。
無駄に過去のブログなんかを読み返したり、モンハンで強い装備を創っているうちに一日が終わってた。
こういうことができちゃう辺り、フリーは怖いなぁ。

学校ないし家庭もないし、暇じゃないしカーテンもないしー、と電気グルーヴの往年の名曲をエンドレスで聴いてしまいそうだ!

モチベの維持と好奇心、これ無くしちゃやってけないよな。
ちょっと明日は早めに家でよう。


EDIT  |  00:09  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.03.12 (Mon)

悪い予感のかけらもないさ

ごきげんようです。sgutsです。

震災から一年。
まだまだ爪痕は消えず、テレビを観ると流れる当時の映像に言葉を失う。
僕はあの日、本当なら仙台にいる予定だった。
歯列矯正サイトのモデルさんが仙台の方で、行く予定だったのだ。
しかし、前日夜のメールで月末のほうが都合がよいと言われ、11日の朝に予約をキャンセル。
仕事もなくなり、同時にその日の予定もなくなった僕は山梨の家でごろごろしていた。
揺れ。最初は自分の眩暈かと思った。しかし違う。あの地震は震源から離れた山梨でさえも相当な震度を観測させたのだ。
電気やガスは止まり、外の状況を知るのは携帯電話のワンセグテレビのみ。
鮮明でない画像から東北が大変なことになったことを僕は知った。

その後の状況、さらには原発事故。連日深夜の会見。
それぞれの言い分や無責任なデマゴーグ。推測。
怒らないように、踊らされないようにそう思いつつ不安は募った。
ささやかながらも幸せだった日常の終わりの始まりを感じつつ。

そんな折、No137・早苗さん・椿さんを撮影した(3月27日)。
あえて震災に関する主義主張は反映させず、それでもご覧いただいた方がほんの少しでもほっこりしていただけるように。モデルのお二人も大変な時期に最大限の魅力を発揮していただけた。

実はあの頃、僕のやっているいくつかのサイトで作品を発表することを迷っていた。
この時期にこの手のともすれば不謹慎とも取られかねない作品を発表するのはいかがなものか。
はたしてそれを受け入れてくれる人、待っている人はいるんだろうか。

でも僕にできることはこれだけなのだった。

そして今、僕はまだこうして作品を発表し続けている。
この国の一部はまだ壊れたままだし、収束の見込みのない問題も山積している。
僕自身の状況もこの一年で驚くほど変わった。
それでも創り続けている。
フェチという狭い狭い世界。そのさらに狭い誰かがほんの、ほんの少しでもシアワセになればいいな、と思って自分があの日選択した事は間違いではなかった、と信じたいから。
まだ答えは出ていないし、死ぬまで出ないことなのかもしれないけれど。









EDIT  |  01:06  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.03.01 (Thu)

おまけの一日

ごきげんようです。sgutsです。

今年はうるう年なのだな、と思ってるうちに3月に突入。
久しぶりに今回はゲームのお話。

最近は時間も忘れてずーっとプレイしてしまうゲームというのはそんなになかったんですが、久々にいいゲームに出会いました。
PSVitaの「グラビティディズ~重力的眩暈・上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動~」。
長すぎるサブタイトル。しかも中二っぽくてものすごくsguts好み!

ゲームは所謂箱庭タイプのアクション。
重力を自由に操る主人公キトゥンが何処かノスタルジーを感じさせる街で様々な人や事件に出会い、喪った記憶を取り戻そうとする、みたいなお話。

まず、街並みが本当に素晴らしい。なんとなくラピュタの頃の宮崎アニメ的な鉄と蒸気、それでいて温かみのある雰囲気。そこにまた大変素晴らしい音楽。
さらにチャプターごとのタイトルが映画のオマージュになっていたりと本当に僕好み(子供は判ってくれない、が個人的には好き)。

そしてゲームとしてはその操作性。これはおおげさに言うと革命的ですらあるのではないかと。
重力を自由に操る、という設定上、主人公キトゥンは一旦浮上したあと、指定した場所を地面と認識し「落ちる」。
建物の壁を指定するとそこに向かって落ちるし、空に指定すれば空に向かって落ちていくことも可能だ。
これがとても気持ち良く、操作しているだけで快感だったりする。
たぶん、跳ぶ、という設定ならここまで気持ちいい操作感はなかったような気がする。
空に向かって落ちていく、かっこいいな。
あーー!空から少女が降ってくるぞ!とはちょっと違うか(多分分かる人少数ww)。

キャラ的には主人公もかわいいんだけどユニカ、シアネアが好き。
ユニカは後半のライバルキャラなんだけど、四肢が機械化されていて主人公と対立する軍部に忠実な戦闘少女という設定。
かー、ツボすぎるw
シアネアはちょっとぼーっとした一見不思議ちゃん、でも実は!みたいな設定込みで好き。ぱっつんはやっぱ良いなw

昨日、エンディングまで観たけど、ラストの音楽はエゴラッピン+東京事変っぽい感じで昂った!
サントラ買おうかなー。

そうそう、かっこいいから観て!とおすすめいただいたCM、公式サイトで発見。
おー!確かにイカす!遠視っ娘も出てるのでご覧あそばせ。おばあちゃんですがww
http://www.jp.playstation.com/scej/title/gravitydaze/








EDIT  |  14:37  |  ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。