2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.03.12 (Mon)

悪い予感のかけらもないさ

ごきげんようです。sgutsです。

震災から一年。
まだまだ爪痕は消えず、テレビを観ると流れる当時の映像に言葉を失う。
僕はあの日、本当なら仙台にいる予定だった。
歯列矯正サイトのモデルさんが仙台の方で、行く予定だったのだ。
しかし、前日夜のメールで月末のほうが都合がよいと言われ、11日の朝に予約をキャンセル。
仕事もなくなり、同時にその日の予定もなくなった僕は山梨の家でごろごろしていた。
揺れ。最初は自分の眩暈かと思った。しかし違う。あの地震は震源から離れた山梨でさえも相当な震度を観測させたのだ。
電気やガスは止まり、外の状況を知るのは携帯電話のワンセグテレビのみ。
鮮明でない画像から東北が大変なことになったことを僕は知った。

その後の状況、さらには原発事故。連日深夜の会見。
それぞれの言い分や無責任なデマゴーグ。推測。
怒らないように、踊らされないようにそう思いつつ不安は募った。
ささやかながらも幸せだった日常の終わりの始まりを感じつつ。

そんな折、No137・早苗さん・椿さんを撮影した(3月27日)。
あえて震災に関する主義主張は反映させず、それでもご覧いただいた方がほんの少しでもほっこりしていただけるように。モデルのお二人も大変な時期に最大限の魅力を発揮していただけた。

実はあの頃、僕のやっているいくつかのサイトで作品を発表することを迷っていた。
この時期にこの手のともすれば不謹慎とも取られかねない作品を発表するのはいかがなものか。
はたしてそれを受け入れてくれる人、待っている人はいるんだろうか。

でも僕にできることはこれだけなのだった。

そして今、僕はまだこうして作品を発表し続けている。
この国の一部はまだ壊れたままだし、収束の見込みのない問題も山積している。
僕自身の状況もこの一年で驚くほど変わった。
それでも創り続けている。
フェチという狭い狭い世界。そのさらに狭い誰かがほんの、ほんの少しでもシアワセになればいいな、と思って自分があの日選択した事は間違いではなかった、と信じたいから。
まだ答えは出ていないし、死ぬまで出ないことなのかもしれないけれど。









スポンサーサイト
EDIT  |  01:06  |  近況とか・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。